VDT症候群対策

多くの企業でIT化が進行するとともに、そこで従事する人たちの「VDT症候群」による健康障害が急増しています。

VDTとは、ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル、つまりパソコンなどのモニター装置のことです。これらを長時間使用する労働者の約8割が、疲労感や何らかの自覚症状を感じていると言われているのですね。

具体的なVDT症候群として挙げられるのが、目の疲れや目の奥の痛みです。加えて、身体的な症状以外のストレスや心因性の症状の増加も懸念されています。

有効な対策としては、目に優しい作業環境の整備や適切な照明にするなど外的な環境改善が挙げられるでしょう。

また、目の負担や和らげるために小休止を頻繁にとったり、ブルーベリーサプリメントを摂取してケアしていくことが大切です。

目の健康を守るサプリメント「わかさ生活スーパーブルーベリーアイ」他のサプリとは違う4つのポイント

詳細はこちらをクリック



このページの先頭へ