目の負担を減らすためにすぐに実践できる方法

疲れ目やドライアイに悩んでいる人の多くは、きわめて目に負担がかかる視線の動かし方をしているようです。その結果、知らないうちに目をオーバーワークさせているわけですね。

ここでは、目の負担を減らすためにすぐに実践できる方法についてまとめてみました。ここに挙げたものを実践するだけでも、疲れ目やドライアイを緩和することができるでしょう。


1. 目のうるおいを無くさないようにする

とくにパソコン作業が長時間する人はまばたきの数を少なくなって目のうるおいが奪われがち。人工涙液型の目薬などを点眼して、つねに目のうるおいを保つようにしましょう。


2.ストレスを感じたら目を休める

目へのストレスを感じたら、その場で目を瞑ったりして休ませるようにしましょう。長時間パソコンを見続けるだけでも目へのストレスを受けているのです。遠くの景色を眺めたり、体を動かして軽く運動するのも効果的です。


3.集中的な作業の間に必ず小休憩をはさむ

どんなに夢中になっている仕事でも、小休憩をはさまないで長時間没頭し続けると、能率を低下させるだけでなく、目への負担も甚大です。数分間でもよいので、リラックスできる時間をもうけるようにしましょう。


4.目から30センチ以上離して見る

近すぎるものを見続けると、近視になりやすくなるといわれています。読書の際は、最低でも30センチ以上離して読むようにしましょう。パソコンのディスプレイは50センチ以上離れて見るのがベストです。


5.ちらちらと動くものを見続けないようにする

ちらちらと動くものを長時間見続けるだけで目へのダメージは相当なものです。常に視線の方向を調節し続けなければいけないので、目の筋肉疲労が起きやすくなるのです。


6.細かいものを見続けないようにする

細かいものを見続けると、目への負担はかなりのものです。とくに文字の小さい文庫本やウェブサイトは要注意です。


7.暗いところでものを見ない、読まない

暗い場所では意識するしないにかかわらず、はっきり対象を見ようとしてオーバーワークになってしまうのですね。適度な明るさ、証明が必要です。


8.姿勢をよくしてものを見る

姿勢をよくすることで目の調整力が最低限の働きですむようになり、眼精疲労からくる肩こりや疲労感を防ぐことができます。猫背でパソコンを長時間使い続けるだけで、目だけでなく、体全体が強烈にダメージを受けるというわけです。


目の負担を減らすためには、目の機能をしっかり補完する栄養素を効率よく吸収することも大切です。ブルーベリーサプリメントはとくにおすすめです。

目の健康を守るサプリメント「わかさ生活スーパーブルーベリーアイ」他のサプリとは違う4つのポイント

詳細はこちらをクリック



このページの先頭へ