仕事の合間にオフィスでできる疲れ目解消法

眼精疲労やドライアイを訴える人に限って、仕事の合間に目を休めることを怠っています。職場、オフィスでできる疲れ目解消法についてまとめてみました。


◆1時間作業したら10~15分間目を休ませよう

1時間作業したら10~15分間、目を休ませるリズムを作ることが大切です。従業員の健康を十分配慮している会社では導入されていますが、まだまだ完全ではありません。

実際のオフィスや職場において実践するのは困難かもしれませんが、できるだけ作業の合間に小休止をはさむ工夫をしましょう。


◆遠くの景色をぼんやり眺めよう

近い距離で対象を見続ける仕事は目への負担はかなりのものです。長時間の作業をする際は、こまめに遠くの景色をぼんやり眺めることで目の筋肉を緊張を解いてやりましょう。

周囲に景色がなければ、ほんの数メートル先をぼんやり眺めるだけでも効果はあります。


◆こまめにまばたきをしよう

目のうるおいがなくなってしまうのは、無意識のうちにまばたきの量を減らしているためです。とくにパソコン仕事ではその傾向を強まるようです。

目の疲れを感じたからといってすぐに目薬をさすのも考えものです。まばたきを意識的にする習慣をつけるだけで、目のうるおいを維持することができるでしょう。


またデスクワーク主体のOLやサラリーマンのあいだで、ブルーベリーサプリメントを携帯する人が増えているのをご存知でしょうか? お手軽にできる疲れ目対策としてサプリメントは有効です。

目の健康を守るサプリメント「わかさ生活スーパーブルーベリーアイ」他のサプリとは違う4つのポイント

詳細はこちらをクリック



このページの先頭へ