目にあらわれる不快な症状を改善するには

目にあらわれる不快な症状のなかで代表的なものは「疲れ目」です。正式な病名がないとはいえ、疲れ目を放置しておくと大きな病気、トラブルにつながっていく厄介な症状といえるでしょう。

ある調査によるとサラリーマンのじつに8割以上が仕事後、「目が疲れて、なんらかの不快な症状」を感じているというのです。とくに働き世代のお父さんや、デスクワーク主体の若いOLさんにも疲れ目を感じる人が急増しています。

深刻な疲れ目から、著しい視力の減退や視界の見え方異常などに進行しているケースは少なくありません。では具体的にどうすれば、目にあらわれる不快な症状を改善できるのでしょう。

パソコンやコンピュータ機器を一切使用せず目に負荷をかけないのが最善の方策ですが、これは現実的に難しいでしょう。

そこで注目されているのが、ブルーベリーのサプリメント摂取によるケアです。ブルーベリーに含まれるアントシアニンという青紫の天然色素が目の負担をやわらげ、機能を向上させるのです。

目の健康を守るサプリメント「わかさ生活スーパーブルーベリーアイ」他のサプリとは違う4つのポイント

詳細はこちらをクリック



このページの先頭へ